エアコン豆知識

R22冷媒は今年で生産終了

R22搭載のエアコンは2020年以降、修理や部品供給が困難になることが予想されます!

15年以上前のエアコンはHCFC(R22)冷媒が主流。この冷媒には、オゾン層を破壊する成分が含まれているため、モントリオール議定書により世界的に規制が進んでおり、2020年には実質全廃となります。そのため、冷媒の入手困難や価格高騰によりエアコンが故障しても修理が困難になる場合がございます。
まずは、今お使いのエアコン室外機の銘板シールをご確認ください。銘板シールに冷媒R22の記載がある室外機は、対象機種となります。

詳しくはこちら。

お問い合わせ

お電話、LINEまたはお問い合わせフォームよりどうぞ。

0120491028
お問い合わせフォーム
Pgaetop